Windows10では、ClipStudio Paint(CSP)で中速または高速のストロークを行ったとき、次のように行の先頭に「フック(線の始めが曲がる)」が表示されます。 



ペンツールのサブツール詳細を開き、修正項目の[速度で調整]をチェックしてください。

これを行うには、以下の詳細な手順に従ってください。


Clip Studio Paintを開き、[ウィンドウ]をクリックし、[サブツールの詳細]まで下にスクロールして選択します。

[1] [修正]を選択します。 これにより、修正ペンタッチの設定が開きます。


[2] [速度で調整]にチェックを入れ、サブツール詳細ダイアログボックスを閉じてテストします。

「フック」は消えているはずです。 




使用するペンごとに設定する必要があります。


※Windows7を使用している場合は、Windows10にアップグレードしてから、この手順を参照してセットアップすることをお勧めします。